先進医療の現場から(ルポ)

バックナンバー
がん研有明病院 婦人科「腹腔鏡下広汎子宮全摘術」
お腹を切らずに、子宮頸がんを取りきる 腹腔鏡下広汎子宮全摘術
( 2017/05/25 )
日本医科大学付属病院 外科・内分泌外科「内視鏡による甲状腺がんの手術」
手術の跡が目立たない 内視鏡による甲状腺がんの手術
( 2016/09/26 )
山口大学医学部附属病院 肝臓再生療法グループ「肝硬変に対する自己骨髄細胞投与療法」
肝硬変の肝臓に再生のチャンスを
( 2015/08/25 )
虎の門病院「残存聴力活用型人工内耳挿入術」
第2回 雑音下の聞き取りに強い残存聴力活用型人工内耳
( 2012/07/25 )
第1回 残存聴力を失わずに低侵襲に聴力を改善する人工内耳
( 2012/06/26 )
東京都健康長寿医療センター「末梢血の『血管の基』を使って血管を再生させる」
第2回 全身麻酔をしない、高齢者にとって体の負担が少ない治療法
( 2012/04/27 )
第1回 末梢血の『血管の基』を使って血管を再生させる
( 2012/03/26 )
東京大学医学部附属病院「画像支援ナビゲーションの有用性」
第2回 生体肝移植において必須なシミュレーション
( 2012/01/27 )
第1回 安全かつ適切な肝切除術を行うためのシミュレーション
( 2011/12/21 )
東北大学病院「低出力体外衝撃波治療」
第2回 人間が本来持つ自己修復能力を引き出す( 2011/10/27 )
第1回 衝撃波を使い重症の狭心症を切らずに治療( 2011/09/27 )
大阪大学医学部附属病院「経カテーテル大動脈弁留置術」
第2回 日進月歩の技術開発で、操作性や安全性が向上( 2011/08/24 )
第1回 手術ができない高齢者や重症者に朗報もたらす心臓治療( 2011/07/29 )
東京医科大学病院「ロボット手術」
第2回 究極の低侵襲手術と言われる理由( 2011/06/27 )
第1回 患者を極力傷つけず正確に操作できるロボット手術( 2011/05/30 )
南東北がん陽子線治療センター「陽子線治療」
第2回 陽子線の潜在能力を引き出しがん治療のブレークスルーを目指す( 2011/04/26 )
第1回 正常組織を回避してがん細胞を狙い撃つ陽子線治療( 2011/03/28 )
横浜市立大学附属市民総合医療センター「マイクロ波子宮内膜アブレーション」
第2回 2泊3日の入院で子宮筋腫を切らずに治す( 2011/02/28 )
第1回 マイクロ波で子宮内膜を凝固・壊死させ過多月経を治療( 2011/01/31 )
千葉県がんセンター「ラジオ波熱凝固療法」
第2回 ラジオ波で乳がんを焼き切る( 2010/12/28 )
第1回 切らずに治す乳がん治療( 2010/12/20 )
群馬大学重粒子線医学研究センター「重粒子線治療」
第2回 治療期間も短く患者にやさしい重粒子線治療( 2010/10/29 )
第1回 総合病院として初めて重粒子線治療を開始( 2010/09/30 )
滋賀医科大学医学部附属病院「樹状細胞ワクチン療法」
第2回 樹状細胞ワクチン療法の実際副作用少なく、がんとの共存に光( 2010/08/30 )
第1回 樹状細胞ワクチン療法免疫システムにおける“司令塔”を活用する( 2010/07/30 )
信州大学医学部附属病院「血管新生療法」
第2回 血管新生療法の実際 治療による体への負担は少なく、患者にやさしい先進医療( 2010/06/23 )
第1回 血管新生療法とは手足の切断から患者を救う再生医療( 2010/05/31 )
聖マリアンナ医科大学病院「骨セメント注入療法」
第1回 「骨セメント注入療法」が発揮するがんの骨転移への治療効果( 2010/04/27 )
千葉西総合病院「エキシマレーザー冠動脈形成術」
第2回 救急を絶対に断らない病院が提供する高度医療が多くの患者の生命を救う( 2010/03/11 )
第1回 “神業”ドクターがテクニックを駆使する「エキシマレーザー冠動脈形成術」( 2010/02/09 )
兵庫県立粒子線医療センター「重粒子線・陽子線治療」
第3回 通常の生活を続けながら治療ができる!治療後もクオリティ・オブ・ライフ(生活の質)は落とさない!( 2009/12/15 )
第2回 治療を望む患者にできる限り応えたい。そのために最善の医療体制をつくる。( 2009/11/20 )
第1回 みどりに囲まれた科学公園都市で行われる 最先端技術を駆使したハイテク医療。( 2009/10/01 )
▲ PAGE TOP